会社をはじめて設立する時には

会社をはじめて設立する時には、税理士の雇用を考えなければいけませんが、良い税理士に出会うことができれば、会社経営も上手くいく可能性が高くなります。

税理士の中には会社経営のアドバイスをしてくれる人も多く、経営コンサルタントもしている税理士もたくさんいます。

反対に適当な仕事しかしないような税理士もいて、そのような税理士を雇うことは、会社とってプラスにはなりません。

税理士を選ぶ時にはいろいろなポイントがありますが、税理士と経営者は長い付き合いになるので、お互いの相性が非常に大事で、相性が良ければいろいろな相談もできて、税理士と一緒に会社を発展させていけるようになります。税理士のアドバイスを聞いて繁栄している会社は数多く存在します。

【Pick Up】ポップコーンで起業・開業!ポップコーン・メーカーによるビジネスサポート
                http://www.oks-funandfun.com/

実際に会って決める

会社設立のために税理士を探している経営者も多いことだと思いますが、税理士は経営者の良き相談相手にもなる頼もしい存在になるので、なるべく腕の良い人を選びたいものです。

また長く付き合わなければいけない税理士は、なるべく相性が良い人を選びたいもので、そのためには税理士を探す時には、事務所まで出向くようにして、実際に面会することをおすすめします。

電話だけで済ませることは良くないことで、一度雇用した税理士を変えることはそんなに簡単なことではありません。

フィーリングがあって何でも相談に応じてくれて、自分では知らないようなアイディアも持っている税理士であれば間違いないでしょう。

もちろん顧問料に関しても事前にきちんと決めておくようにしましょう。

【Pick Up】労働問題は弁護士へ解決を依頼する
                http://kamiuchi-law.com/

良い税理士の条件とは

税理士に中には一般の人では理解できないような専門用語ばかりを使う人も少なくはありませんが、はじめて会社を経営する経営者1年生にも分かりやすく説明できる人がおすすめできる良い税理士と言えるでしょう。

もちろん経営者自身も経営について自分で勉強する必要もありますが、分からないことを簡単に説明できる税理士を選んだ方がいいでしょう。

また税理士と経営者は良きパートナーにならなければいけないので、税理士との相性もとても重要なポイントで、相性の良さを知るには、契約する前に実際に会ってみるようにしましょう。

人任せにして一度も面会しないで税理士を決めて、後悔している経営者も多く、その場合はできるだけ早く税理士を変えるようにした方がいいでしょう。